Home > 2010年06月

2010年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

儲け話にご注意ください

今日から改正貸金業法が完全施行されます。
この改正により、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入ができなくなる
総量規制が実施されます。
このような状況に目を付けた悪質業者による消費者トラブルの増加が予想されます。
想定されるトラブルの一つにクレジットカードのショッピング枠の現金化があります。
この現金化の方式には、二つの方式があるようです。
一つは、「カードでお金」や「クレジット枠を有効利用」などとクレジットカードで現金化すると宣伝
して、顧客にクレジットカードでパソコンなど換金性の高い商品を購入させ、それを業者が正規の価格
の半分以下で買い取る形で顧客に現金を渡す買取屋方式。
もう一つは、業者が顧客にキャッシュバック付商品(ほとんど価値のない商品)をクレジットカードで
購入させ、購入した商品とともに現金を渡すキャッシュバック方式です。
クレジットカードのショッピング枠の現金化を利用した場合は、一時的に現金を得ることができても、
その得た金額よりもはるかに高額なクレジット利用代金の支払いに追われることになります。
クレジットカードを利用して現金化する取引は、当然ながらカードの利用契約違反になりますし、また
利用者の予想以上に債務が膨らみ、多重債務の原因になりやすいものです。
お金の必要な理由をよく考え、安易にクレジットカードの現金化をするのはやめましょう。

ロプロの更生計画案

更生会社のロプロに過払い金返還請求権を有する方から連絡がありました。
ロプロから更生計画案が出されたようです。
更生計画案によると過払い金等の一般更生債権の弁済率は3%となっています。
弁済率3%は、例えば、ロプロに対して過払い金100万円を有する債権者の場合は、3万円
返還されることになります。
この3%の金額を再生計画認可決定日から5か月を経過する日の属する月の末日までに一括
弁済し、更生手続き開始後の利息等は全額免除を受けるという計画案になっています。
この更生計画案は、書面投票により可否が決まります。
返還金額に不満なあまり書面投票を怠った場合、計画案に不同意とみなされますので注意が必要です。
ちなみに、相談者の方は一応同意で書面投票されるようです。
更生計画案が可決された後は、裁判所が更生計画の認可・不認可を判断することとなります。
なお、更生計画の骨子について詳しくはロプロのホームページでご確認ください。


VISAデビットカード

債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されるため、新たにクレジットカードの発行を
受けることが難しくなります。
これは、クレジットカードが利用者の信用に基づいて発行されるカードだからです。
VISAデビットカードは、利用者の口座から直接支払いをすることができるカードなので、クレジット
カードのような審査がなく、VISAが使えるお店なら海外でも利用できます。
発行会社の審査がないため、債務整理中であっても所持することは可能です。
また、口座から支払うため、カードの利用も自然と計画的になります。
ですので、信用情報はブラックだがカードがないとどうしても不便という方にはVISAデビットカードが
オススメです。


Home > 2010年06月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。