Home > 2011年04月

2011年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

地震災害と借地借家

地震などの災害時に借地借家に関して特別な法律が適用されることがあります。
東日本大震災から1カ月が過ぎましたが、原発は依然として予断を許さない状況が続いています。
その一方で少しずつですが、復興に向かう様子がうかがえます。
先日、宮城県で地元の弁護士会と司法書士会が被災者を対象とする法律相談会を実施したようです。
同様の活動は、阪神・淡路大震災でも行われていますが、その時の相談内容としては、土地・建物
に関する相談が全体の3分の2近くを占め、その中でも借地借家に関する相談が圧倒的に多かった
ようです。
地震等の災害時に適用される法律に「罹災都市借地借家臨時処理法」がありますが、この法律は、
阪神・淡路大震災に適用されています。
この法律が適用されると、建物が滅失した場合、借地人は借地権の対抗力や存続期間が特別に補強
されますし、借家人は借地権優先的取得権や借家権優先的取得権が認められます。
今後は、同法以外にも被災者を支援し被災地を復興するための法整備がなされることと思います。

それにしても原発事故はいつになったら終息を向かえるのでしょうか。
これ以上、福島の自然を汚さないでほしいです。

Home > 2011年04月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。