Home > 2015年09月

2015年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

相続人中に行方不明者がいる場合の遺産分割

相続が発生したが、相続人の中に行方不明者がいる場合、不明者を除いて
相続財産について分割協議をすることはできません。

生きていることは間違いないが、どこにいるかわからないし連絡も取れない
場合には、家庭裁判所に「不在者財産管理人」を選任してもらいこの財産
管理人を加えて遺産分割協議をする方法があります。

次に、行方不明者が生きているのか死んでいるのかわからない場合には、
失踪宣告の申し立てを検討することになります。
生死が七年以上不明な場合は、家庭裁判所に失踪宣告の申し立てをする
ことができます。失踪宣告がなされることにより、不在者は死亡したものと
みなされ、相続手続きをすすめることができるようになります。

相続は、時間が経過するほど数次相続が発生する等権利関係がますます
複雑になります。
お早めにご相談ください。


Home > 2015年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。