Home

渋谷の司法書士事務所|星総合司法書士事務所スタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

相続人中に行方不明者がいる場合の遺産分割

相続が発生したが、相続人の中に行方不明者がいる場合、不明者を除いて
相続財産について分割協議をすることはできません。

生きていることは間違いないが、どこにいるかわからないし連絡も取れない
場合には、家庭裁判所に「不在者財産管理人」を選任してもらいこの財産
管理人を加えて遺産分割協議をする方法があります。

次に、行方不明者が生きているのか死んでいるのかわからない場合には、
失踪宣告の申し立てを検討することになります。
生死が七年以上不明な場合は、家庭裁判所に失踪宣告の申し立てをする
ことができます。失踪宣告がなされることにより、不在者は死亡したものと
みなされ、相続手続きをすすめることができるようになります。

相続は、時間が経過するほど数次相続が発生する等権利関係がますます
複雑になります。
お早めにご相談ください。


夏季休暇

当事務所は、8月8日から16日を夏季休暇とさせていただきます。

なお、上記期間中も、債務整理・過払い金のご相談は可能です。
受付時間は、午前10時から午後4時となっております。
但し、ご予約頂いた方優先での対応となりますので、まずはお電話
にてご希望の日時をお伝えください。




国民健康保険が払えない

国民健康保険では、自然災害や病気などによって収入状況が悪化したため、
生活が著しく困難になった場合、あるいは前年度に比し大幅に所得が減少した
場合などに保険料の軽減措置が用意されています。
納付が困難になった場合は、早めに市区町村役場に相談されることをおすすめ
します。

相続人以外に財産を取得させるには?

亡くなった人が遺言書を作成していなかった場合、財産は法定相続人によって相続
されることになります。
法定相続人以外の人(子供がいる場合の孫、内縁の妻、世話をしてくれた人など)に
財産を残したいときは、遺言書を作成することによって自分の財産を取得させること
が可能となります。

当事務所では、相続による紛争を予防し、大切な人に財産を残せるように遺言書原案
作成のサポートに対応しております。

まずは、お気軽にご相談ください。

住宅ローンの悩み

住宅ローンの返済が厳しい
住宅ローンを延滞・滞納している
競売開始決定通知が届いた
どうしても住宅を手放したくない

あきらめる前に、当事務所にご相談ください

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。